2011年4月22日金曜日

信濃毎日新聞の写真:福島の悲しみ

そういえば、もう一枚衝撃を受けた写真があった。4/16の信濃毎日新聞のトップ記事の写真。(この方がスキャンしてくれたようです。)

「原子力、明るい未来のエネルギー」の看板の下、
桜に看取られて死んだ犬。
原発から20キロ圏内にある、双葉町にあるゲートだという。その「明るい未来」とは、今この瞬間もこのゲートの下で横たわっている犬の亡骸に他ならない。

飼い主に捨てられ、腹を空かせ、ひとり孤独に彷徨っていたに違いあるまい。桜に看取られ、息を引き取ったのであろう。天国へと旅立ったことを祈らずにはいられない。

思わずパトラッシュの最期を思い出してしまった。しかし、パトラッシュは横にネロが付いていてくれた。この犬は一人で寂しかったことだろう。涙せずには居られない。

2 件のコメント:

美智子 さんのコメント...

!!!!!

(これも、ちょっと感嘆符だけ入れさせて下さい。そういえば友人が感嘆符を連続投稿する輩はバカだと言っていましたが、わたしもそう思います)

kuzzila さんのコメント...

感嘆符しか書けないことがあることは、こういう写真で証明されたと思います。