2011年4月22日金曜日

Newsweekの写真;福島の苦しみ

ドイツから注文して購入した電気製品の代金を送金するため、渋谷のCitibankへ行った。


実はその前に、邦銀をあちこち試してみたのだが、「できない」とか、"IBANがないとだめだ"とか、「印鑑もってきたか?」とか、とにかくケチが多くて辟易してしまった。こういうときはCitibankが役に立つ。

待ち時間に、ソファにおいてあったNewsweekに目が留まり、ペラペラとページをめくってみた。衝撃的な写真があった。福島原発の近くに放棄された犠牲者の遺体だった。家に戻ってネット検索すると....あった。

福島原発の近くで放棄された遺体(カメラマンD.Weber氏のホームページより転載)。
放射能が高すぎるため、捜索活動範囲から外されてしまったのであろう.

日本の報道機関が伝えきることのできないこと、つまり、東京電力と政府(自民党がその責任のほとんどを負うはず)の責任について、深くそして強く、この写真は訴えてくる。福島の人々の苦しみを、これほど明確に語ってくれる人物はいない。

追記:この写真を撮った本人のホームページがあった。どうも日本版のニューズウィークでは上の写真は公開されなかったような....図書館にいって確認せねば。

2 件のコメント:

美智子 さんのコメント...

ええ!!!(質の悪いコメントをする事で、ブログの記事が汚されるような感じがしてなかなかこういうコメントをするのは、あれなんですけど・・・、ちょっとコメント入れさせてください)

kuzzila さんのコメント...

先日、英国にいったとき、現地の新聞(The Guardian)に、雪の中で祈る自衛隊員の写真を見ました。ひどく感動したのと同時に、どうして日本の新聞はこういう写真がとれないか不思議に思いました。(今日調べたら、この写真はThe New York Timesがソースだったようです。欧米のプレスは、いい写真は共有しているようです。)